Tシャツのことならティーマニ☆ Tシャツの種類 Tシャツの生地 Tシャツのデザイン プリント方法 オリジナルTシャツ製作 LINK  

 

ティーマニ☆へようこそ♪
ここでは、Tシャツについてアツく語ってます。

歴史

もともと、Tシャツは農民や労働者などが着用する、簡素なアンダーシャツ(下着)のことでした。
第一次世界大戦中に、米国陸軍兵士の一部が、フランス農民が着ていたこの種のシャツを買って着用したところ、実用性、着脱性にすぐれているということから本国に持ち帰ったようです。そして、白無地の簡易シャツとして労働者、農民、船員などの人々に普及していきました。この時代の「Tシャツ」はあくまで下着であり、労働者などの下層階級の人々が着用するアイテムでした。

1941年頃、次の戦争に向けての準備を進めていた米国海軍は、丸首で綿100%の、広げるとTの形をした新しいタイプのシャツを用意しました。「Tシャツ」というネーミングも、この広げた時の形態をとってつけられたようです。戦後は国家の要人から一般人まで社会の階層を問わず、定着していきます。現在のTシャツは、こうして誕生したといわれています。

アンダーシャツ(下着)としてのTシャツから、アウター(街着)へと変身を遂げたきっかけは、1950年代の映画「欲望という名の電車」でマーロン・ブランドが、「理由なき反抗」でジェームス・ディーンがTシャツを着たことによるようです。その当時、映画を見た若者達が、Tシャツの胸や背中に自分が所属するグループ名などを書きなぐったのが、今日のTシャツへの文字やイラストを入れることの始まりとも考えられます。それ以降、大手企業のロゴなどをプリントした広告としてのオリジナルTシャツが広まり、一種のコミュニケーションツールとして、若者たちに愛されるようになりました。

そして、Tシャツは大量生産されることにより身近になっていき、市民権を得、ありとあらゆるTシャツが作られるようになっていきました。

・70年代前半のヒッピー達による「ラブ&ピース」や後半のパンクムーブメントなど、自由を求める思想とTシャツが見事にマッチしました。それまでのメンズファッションとして捉えられていたTシャツを、多くの女性達が着こなすようになっていきます。こういった流れの中でTシャツは多くのカラーやデザインが作られるようになりました。

・グラフィックデザイナーが1976年に制作した「アイ・ラブ・ニューヨーク」のロゴがあります。このシンプルなロゴはあっという間に米国の象徴となり、ありとあらゆる地域のおみやげTシャツに影響を与えました。

・70年代アーティスト達は、こぞってTシャツを作品発表の道具として使い始めます。ポップアーティストが自分の描いたキャラクターをTシャツにプリントしたり、Tシャツをはじめとする雑貨などにキャラクター作品をプリントし販売しました。こうして、ポップアートがアートにまで引き上げられていきました。こうしてアーティストとTシャツは自然と手を組むことになり、美術館でも販売され、大きなマーケットとなっていきました。

・80年代に入ると一人のファッションデザイナーが、音楽や思想を背景にパンクファッションを確立し、ロックアーティストなどもTシャツを自分たちのスタイルとして着用するようになります。またスポーツウェアもストリートで受け入れられるように、ブランドロゴを入れたTシャツが広まっていきます。

・90年代では80年代で起こった様々な変化がうまく混合されていきます。それまで主にカジュアルとして着こなされていたTシャツが、ファッションデザイナー達がスーツにTシャツを合わせるスタイルを提案し、ミニマル・ファッションが誕生しました。またこの頃、環境問題やリサイクリングなどの関心も高まり、Tシャツにもオーガニック綿を利用したものが登場しました。
そしてTシャツは、ファッションデザイナー達の提案と、カジュアルフライデーの普及により、ビジネスの場でも許されるようになりました。こうしてラグジュアリーTシャツとして、数多くのファッションデザイナーが、自分たちの個性をこぞってコレクションで発表するようにまでなりました。 デザインによっては個性豊かなクラスTシャツもあります。

Tシャツは誕生して以来、映画の中の女優や俳優、著名人、またアーティストやミュージシャンなどに愛され、多くのシーンで一般人に影響を与えていきました。

彼らのスタイルや作品、主張とともに、Tシャツは、非常に大きな影響力を持ったひとつのメディアとしての位置を確立していきました。そして、その影響力を背景に、反戦やストップエイズなどの草の根運動にもかかせない存在としてのメッセージTシャツなども生まれました。また、英雄の肖像をプリントしたTシャツ、環境問題などの活動集団用のTシャツ、ユニフォームTシャツ、チームTシャツ、クラスTシャツなども作られました。スポーツなどの分野でもチームTシャツが販売され、各チームの特色を生かしたオリジナルTシャツをサポーター達は身につけて応援するようになりました。

センスのいいオリジナルTシャツは大量生産も可能になりました。
こうしてTシャツは、若者のストリートスタイルとしても完全に定着していきました。

Favorite

美肌 サプリ

セクシーランジェリー

ハウスクリーニング 沖縄

医師 転職

沖縄 青の洞窟

Copyright  ティーマニ☆ All Rights Reserved
All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster